• HOME
  • 【オオガメラ】BIG33、REG11で万枚オーバー実戦

【オオガメラ】BIG33、REG11で万枚オーバー実戦 (2021年09月18日配信)

パチテレ!4号機チャンネル (演者:ふみ
4号機ガメラで万枚達成! 「スロ道」 宮城編
総回転数は不明だがボーナス回数はBIGが30回オーバー。このころの大量獲得Aタイプでの万枚オーバーは終日BIG回数30回は最低ライン。あとはどれだけ回数を重ねられるか、の勝負だったね。

実戦データ

オオガメラ

(4号機)
出玉 11,737枚 (差枚数:11,687枚)

機種のポイント

豆知識

  • 大量獲得Aタイプ
  • 最大獲得枚数711枚
  • 当時、人気だったユニバーサルの大量獲得Aタイプ「大花火」にぶつけたきた機種。
  • 6号機ガメラはこの機種のゲーム性を再現している

設定差・設定判別

BIG/REG確率
設定 BIG REG 合算
1 1/439 1/873 1/292
2 1/414 1/809 1/273
3 1/383 1/736 1/251
4 1/348 1/697 1/232
5 1/293 1/574 1/193
6 1/238 1/478 1/158

本動画の解説・補足

総回転数が見られないのが残念だけど、BIG33回、REG11回で11000枚オーバーなので、BIG33×平均600枚、REG11×平均112枚で、合計21,000枚ほど。ここから9400枚くらいが減ると最終獲得枚数。

オオガメラって1000円(50枚)あたり33Gが回ったので、大体6200Gくらいで9400枚を消化出来る計算ってことで、およそ6200G前後の回転数だとすれば、BIGの出現率は間違いなく設定6、REGの出現率は設定5あたりかな。

当時の大量獲得Aタイプで設定6ツモだった場合は、「BIG30回」は最低ラインの目標だし、なんなら40回以上目指す勢いで回すんだよね。

当時の大量獲得Aタイプを知らない人に分かりやすく説明するなら、今のジャグラーのBIGが600枚以上出て、REGが110枚出るのを想像してもらうと分かりやすいかな。1桁、2桁のゲーム数で600枚出るBIGが連チャンすることもあって、高設定は堅調に出玉が伸びていくし、大量獲得だから伸びが早い。

ただ、ゲーム性は堅調だから、以下に出目で遊ぶか、押し方で遊ぶか、なんだよね。打ってた人はみんな、好きな出目や押し方ってあったはず。

獲得枚数ランキング